物々訓倶楽部

第9回 投稿作品【課題部門】

2013年12月29日

第9回募集(2013年8月15日~10月14日)に寄せられた「課題部門」の作品をご紹介します。
ご投稿いただいた皆様、ありがとうございました!

お題:食卓

縁の下の力もちだなんて
思っている人が案外
輪の中心だったりしてね
―――― 食卓

作者:お題: 、

居場所を探し続けるよりも
いっそ誰かの居場所になれば
―――― 食卓

作者:お題: 、

辛い時もあるだろう。
苦い経験もするはずだ。
美味いことばかりじゃないさ。
でも、きっと君の糧になるから、
一つ一つよく噛み締めて、
味のある人になりなさい。
―――― 食卓

作者:お題: 、

なんだかんだ言ったって
自分を中心に輪ができるって
気持ちいいよね
―――― 食卓

作者:お題: 、

たくさんお話きかせてよ
一日三度きりの
楽しみなんだからさ
―――― 食卓

作者:お題: 、

お袋の味と一緒に
思い出してもらえたら
体を張ったかいが
あるってもんです。
―――― 食卓

作者:お題:

まったく動かない
僕の四本足は
何処かへ行くためではなく
みんなが集まるためのもの
―――― 食卓

作者:お題: 、

ぼくは
ぼくのまわりを
みんながかこんでいるときが
好きだな。
―――― 食卓

作者:お題: 、

一筆選評

今回の「課題部門」は素晴らしい作品が多く、「自由部門」同様、一筆選の選出に頭を悩ませました。熟考した末に選んだ作品は、玲緒さんの一訓です。

「縁の下の力もちだなんて/思っている人が案外/輪の中心だったりしてね」

拝読した瞬間、思わず「巧い!」とうなりました。食卓の特性を見事に生かしきって、読者をハッとさせる素敵なメッセージを紡ぎ出した快作です。縁の下の力もちを自任して、ひたむきにがんばっている人ほど人望が厚く、例えその人が望まなくても、いつの間にか輪の中心にいる……そういうことって、ありますよね。いや、そうあってほしい、と思います。

同じく玲緒さんの別作「居場所を探し続けるよりも/いっそ誰かの居場所になれば」も秀逸です。一筆選の一訓にも通じることですが、自分の周りに人が集まるか否かは、結局、自分次第というところがありますよね。人に対して思いやりを持ちながら、ひたむきに自分を磨いている人の周りには、自然と人が集まる。そういう魅力的な人間になりたいな、と思います。

メメ倉さん作「辛い時もあるだろう。/苦い経験もするはずだ。/美味いことばかりじゃないさ。/でも、きっと君の糧になるから、/一つ一つよく噛み締めて、/味のある人になりなさい。」は、「食」を人生になぞらえながら、人間(特に若者)へのエールを綴った秀作です。各行に、巧みに「食」に通じる言葉が散りばめられており、その完成度はかなり高い。練り込み、磨き上げた末に辿り着いた一訓だと推察します。お見事です。

Pさん作「たくさんお話きかせてよ/一日三度きりの/楽しみなんだからさ」と、夏秋さん作「ぼくは/ぼくのまわりを/みんながかこんでいるときが/好きだな。」は、「団らん」をテーマにした心温まる作品。食卓を囲む家族の笑顔が、ふわっとやさしく頭に広がります。日々のささやかなひと時にこそ、かけがえのない幸せがある。そんな、ともすると忘れがちな大切なことを思い出させてくれる、珠玉の二訓です。

SSじゅうさん作「まったく動かない/僕の四本足は/何処かへ行くためではなく/みんなが集まるためのもの」は、個性的な発想が光る、ユーモアあふれる一訓。食卓の「脚」に注目するという、その視点、拍手です。

今回も、美味な作品の数々をたっぷり堪能させていただきました。ご投稿いただいた皆様、どうもありがとうございました。またのご投稿をお待ちしております。(一筆)