物々訓倶楽部

第10回 投稿作品【自由部門】

2014年4月8日

第10回募集(2014年2月14日締切)に寄せられた「自由部門」の作品をご紹介します。
ご投稿いただいた皆様、ありがとうございました!

同じところをグルグルと
回っているだけのようで
一歩一歩着実に
前に進んでいるんだよ。
―――― 時計

作者:お題:

下のやつらは皆
お前を真似て頑張ってるんだ。
力強くブレないで
お手本になってやらないとな。
―――― カーボン紙

作者:お題:

今は地道な仕事でも
いつか成功して
世界中を飛びまわるんだ。
―――― ほうき

作者:お題:

どんなにあなたにお熱でも
何回も振られたら冷めてしまうわ。
―――― 体温計

作者:お題:

いつもまっすぐでいたい。
―――― じょうぎ

作者:お題: 、

線はまっすぐにできますが
人生はまっすぐにはできません。
―――― じょうぎ

作者:お題: 、

仲間がギュッと後ろから
背中を押してくれるから
僕は普段より力強くなれる。
仲間がソッと真横から
肩を貸してくれるから
僕は普段より粘り強くなれる。
―――― 乾電池

作者:お題:

一筆選評

今回は、一時期の当サイトサーバダウンの影響もあってか、いつもより投稿数が少なかったものの、お寄せいただいた作品は逸訓ぞろい。大いに、うならせてもらいました。

正直なところ、SSじゅうさんの訓は、すべてクオリティが高く、どの訓を一筆選としてもよいと思えるものでした。それだけに、どの一訓を選ぶべきか右往左往いたしました。

物の特性をしっかり活用しながら、リーダー論を力強く語った「カーボン紙」。前回同様「イメージを喚起させる達人」ぶりを発揮し、魔法使いのイメージを利用して下積み時代の夢をドラマチックに綴った「ほうき」。思わず「座布団一枚!」と叫びたくなるユーモアと、そこはかとない切なさを、小気味よく融合した「体温計」。これまた物の特性を上手に活用し、仲間の大切さをハートフルに説いた、ジンとくる一訓「乾電池」。

巧いなぁ。どれも、実に。中でも「時計」は、心にそっと寄り添い、優しく励ましてくれる、本当に素敵な一訓だなぁと感じ入り、今回の「自由部門」の一筆選とさせていただきました。

「同じところをグルグルと/回っているだけのようで/一歩一歩着実に/前に進んでいるんだよ。――――時計」

むぅ、沁みますね。

夏秋さんの訓も、シンプルでいて味わい深い、秀作ぞろい。特に「じょうぎ」は、いいなぁ。

「いつもまっすぐでいたい。――――じょうぎ」

いつも定規を携えていたくなるような、珠玉の一訓です。あっぱれ小学生!(一筆)