物々訓倶楽部

第11回 投稿作品【課題部門】

2014年5月11日

第11回募集(2014年2月15日~4月14日締切)に寄せられた「課題部門」の作品をご紹介します。
ご投稿いただいた皆様、ありがとうございました!

お題:目覚まし時計

さあ、目を開けろ。
瞼の向こうには、
目の覚めるような出来事が、
きっと、待っているぞ。
―――― 目覚まし時計

作者:お題:

いつもと同じ7時だよ。
だから、いつもと同じように
いつもとは違う1日が始まるよ。
―――― 目覚まし時計

作者:お題:

あなたに本当に必要とされる時
案外私の出番はないのかもね。
―――― 目覚まし時計

作者:お題:

耳触りのいい言葉って
意外と役に立たない。
少しうるさいくらいの事を言って
ハッとさせてあげるのも
大事だよ。
―――― 目覚まし時計

作者:お題:

目覚まし時計が鳴ろうとする30
秒前に目が覚めた。「今日はキミ
(目覚まし時計)に勝ったな」と
思った瞬間、鳴ってやろうと待ち
構えていたキミをがっかりさせて
しまったようでちょっと切ない…。
―――― 目覚まし時計

作者:お題:

一筆選評

今回の「課題部門」の一筆選は、メメ倉さんのこの一訓。

「さあ、目を開けろ。/瞼の向こうには、/目の覚めるような出来事が、/きっと、待っているぞ。――――目覚まし時計」

これは、完璧なまでに整った一訓ですね。実に秀逸だなぁ。朝の訓にふさわしい前向きで爽やかなメッセージだし、言葉運びも鮮やかだし、「瞼の向こうには」「目の覚めるような出来事」の表現も巧いし、すべてにおいて「いいなぁ」と思える秀訓です。今日はどんな出来事と出逢えるかなぁとワクワクして、思わず早起きしてしまいそうですね。また、単純に朝の目覚めというだけではなく、気持ちの目覚めをテーマにした人生の応援歌として読める点も素晴らしい。

もうひとつのメメ倉さん作品も上手ですよね。

「耳触りのいい言葉って/意外と役に立たない。/少しうるさいくらいの事を言って/ハッとさせてあげるのも/大事だよ。――――目覚まし時計」

「目覚まし時計」の姿勢と「人」の姿勢を重ね合せて、深みある「訓」に昇華しています。

また、SSじゅうさん作のこの一訓にも拍手。

「いつもと同じ7時だよ。/だから、いつもと同じように/いつもとは違う1日が始まるよ。――――目覚まし時計」

レトリックが効いてますねぇ。「いつもと同じように、いつもとは違う1日が始まる」って名言ですよね。

物々訓の作法で決められている字数・行数をフル活用した、善戝風暦さんの一訓も新鮮ですね。改行せずに、あえて字を敷きつめる、こうしたスタイルもあるんですよね。善戝風暦さんのこの作風、今後も期待大ですね。ただ、「目覚まし時計」のセリフではなく、「目覚まし時計を使う人」のセリフになってしまっている点が、ちょっと惜しい!

今回の「課題部門」は投稿が少なめでしたが、その分、噛みしめて噛みしめてじっくり賞味させていただきました。ご投稿いただいた皆さん、ありがとうございました。またのご投稿をお待ちしています。ではまた次回。ごきげんよう。(一筆)