物々訓倶楽部

第12回 投稿作品【課題部門】

2014年7月10日

第12回募集(2014年4月15日~6月14日締切)に寄せられた「課題部門」の作品をご紹介します。
ご投稿いただいた皆様、ありがとうございました!

お題:旅行かばん

予定と荷物は
少し空けておくくらいでいい。
なあに、
どうせ思い出で
いっぱいになるさ。
―――― 旅行かばん

作者:お題:

外弁慶に内地蔵です。
―――― 旅行かばん

作者:お題:

一筆選評

「課題部門」の一筆選は、前回に続き、メメ倉さんの一訓です。

「予定と荷物は/少し空けておくくらいでいい。/なあに、/どうせ思い出で/いっぱいになるさ。――――旅行かばん」

旅というと、つい荷物も予定もパンパンにして前のめりで出かけちゃいますが、「多少の余裕をつくっておいたほうがよかったなぁ」と後悔すること、ありますね。その余裕が、どんな思い出でいっぱいになるか……なんだかワクワクします。あぁ、旅行に行きたくなってきちゃいました。技巧的には、「なあに」が効いてますね。こういうひと言をはさむあたり、実に巧みですね。

SSじゅうさんの一訓も、素晴らしい。深みがあって、考えさせられます。

「最近、肩の荷重いんじゃない?――――旅行かばん」

出張続きで多忙のビジネスパーソンについての訓でしょうか。“リアルな肩の荷”であるかばんが、“心の肩の荷”を心配する絶妙な構図。さすがSSじゅうさん。短くてさりげない言葉の中に深い意味を込めた、技ありの秀作です。

Pさんの一訓は、ことわざを活用した、シンプルでいて力強いユーモア訓。

「外弁慶に内地蔵です。――――旅行かばん」

思わず「うまいこと言うなぁ」と、膝を打って笑ってしまいました。Pさんは、長らく投稿を続けてくださっている、物々訓名人のお一人。さすが、切れがいいですね。それにしても「内弁慶に外地蔵」と「外弁慶に内地蔵」、どちらがいいんだろう、「内弁慶に外弁慶」「内地蔵に外地蔵」もあるけど……なんてアレコレ考えていたら、ワケが分からなくなってきました(笑)まあ、内でも外でも変わらず、バランスがとれた感じがよいのでしょうかね。

最後に、夏秋さん(小学六年生)の一訓を。

「いつか引きずる/ぼくもなにかを――――旅行かばん(スーツケース)」

むむぅ、深い。いろんな意味に取れますね、この一訓は。そして、小六にしてこの倒置法。アッパレです! 倒置法と「引きずる」という言葉によって、独特な雰囲気、重たいスーツケースにふさわしい重々しい雰囲気が生み出されています。それにしても……むむぅ、深い。

今回の「課題部門」も投稿が少なめでしたが、各訓それぞれが個性的な輝きを放つ美味訓でした。ご投稿いただいた皆さん、ありがとうございました。またのご投稿をお待ちしています。ではまた次回。ごきげんよう。(一筆)