物々訓倶楽部

第23回 投稿作品【課題部門】

2016年5月11日

第23回募集(2016年2月15日~4月14日)に寄せられた「課題部門」の作品をご紹介します。
ご投稿いただいた皆様、ありがとうございました!

お題:空気清浄機

楽しいことも嫌なことも

全部飲み込んじゃえ

すっきりするからさ
―――― 空気清浄機

作者:お題:

息が詰まるような日でも
僕の近くでは
ほーっと安心して深呼吸してね
―――― 空気清浄機

作者:お題:

春。花粉だけじゃなくあなたが立
てた新たな目標を今後邪魔するも
のも清浄できたらいいのにな
―――― 空気清浄機

作者:お題:

和ませる
明るくする
暖める

そんな機能もあればいいのに

―――― 空気清浄機

作者:お題:

一筆選評

今回の「課題部門」の一筆選は、PCC会員003さんの一訓です。

「空気が悪いと何事もうまくいかな/い。――――空気清浄機」

「空気清浄機」が、「場の空気」について断定的に語るこの一訓。シンプルなのに、いやシンプルだからこそ、強さと重みを感じます。その場の雰囲気や気分が、澱んでいたり乾いていたりギスギスしたりしていると、うまくいくものも、うまくいかない。事の成否は、能力や技量だけに左右されるものではない、ということですね。うまくいってないなと思ったら、一度立ち止まったり、時には思いきって休んだりして、環境や心を整えることが大切なんでしょうね。日々の忙しさに飲み込まれて、いったん休止する余裕や勇気を失いがちですが、それが負を生む要因になっている場合もあるということを、肝に銘じておきたいと思います。

ヅキーさんのこの一訓も印象的です。

「楽しいことも嫌なことも/(一行スペース)/全部飲み込んじゃえ/(一行スペース)/すっきりするからさ――――空気清浄機」

ユニークで、潔くて、清々しい一訓ですね。嫌なことだけでなく、楽しいことまでいったん全部飲み込んじゃって、気分を真っさらにしよう、そうするとすっきりしますよ、ということですよね。できれば嫌なことだけを飲み込んで、楽しいことは残しておきたいところですが、そこは潔く全部飲み込んじゃいなさいと。ここがミソですね。ユニークです。オールリセットで、無心の境地へ。何事も中途半端はダメ、ということですね。僕は、つい中途半端をやらかしそうになるので、肝に銘じます(笑)(物々訓主宰/一筆)