物々訓倶楽部

花瓶

2017年2月18日

春が待ち遠しいですね。長く、寒い冬があと一歩で終わると思うと、余計に気がはやります。新たな芽吹きの季節、やわらかい風にそよぐ色とりどりの花々を思い浮かべながら、今回のお題を決めました。「花瓶」です。その一種である「一輪挿し」などで作っていただいても結構です。そのあたりは柔軟に。咲き誇る花々のように、多彩な訓をお待ちしています。(一筆)