物々訓倶楽部

第35回 投稿作品【課題部門】

2018年5月10日

第35回募集(2018年2月15日~4月14日)に寄せられた「課題部門」の作品をご紹介します。ご投稿いただいた皆様、ありがとうございました!

お題:ホチキス(ホッチキス)

すぐぺこぺこ頭下げる奴に限って
奥歯噛み締めてたりするもんだ
そんなに強引に首を縦に振らせて
いつか手を噛まれても
文句ないよな?
―――― ホチキス

作者:お題: 、

針で繋ぎ止められるものなんて

たかがしれてるんだわ
―――― ホチキス

作者:お題: 、

あなたとあなたの好きな人を
繋いであげる
大切な一ヶ所を繋いでいたら
多少自由に動き回っても
離れずにいられるよ
―――― ホチキス

作者:お題: 、

一筆選評

今回の課題部門のお題は「手袋」。一筆選は、詩のぶさんの一訓です。(詩のぶさんは、課題・自由、両部門の一筆選をダブル制覇)

すぐぺこぺこ頭下げる奴に限って
奥歯噛み締めてたりするもんだ
そんなに強引に首を縦に振らせて
いつか手を噛まれても
文句ないよな?
       ――――ホチキス

ホチキスの特徴をふんだんに活用し、緻密に技巧を凝らした力作です。拍手。スパイシーなユーモアが息づく、味わい深い一訓。

次に、ヅキーさんの快作。この訓も、味わい深い。

針で繋ぎ止められるものなんて

たかがしれてるんだわ
      ――――ホチキス

一見、あきらめの境地を語った作品に見えますが、実は違う。「針」は、「攻撃」の象徴。つまり、「攻撃」で人を繋ぎ止めることはできない……そう、この訓は諭しているのだと解釈しました。重みがありますね。ちょっと投げやりな雰囲気の、女性のエモーショナルなセリフが妙に生々しくて鮮烈。巧みです。

続いて、starさんの佳作。ヅキーさんの訓とは対照的な一訓です。

あなたとあなたの好きな人を
繋いであげる
大切な一ヶ所を繋いでいたら
多少自由に動き回っても
離れずにいられるよ
     ――――ホチキス

ホチキスで留まった書類がパラパラと風になびく様が、ふっと目に浮かびました。でもその書類は、決してバラバラにはならない。人間もそう。お互いにとって大切な一ヶ所がしっかり繋がっていれば大丈夫、離れることはない! 素敵な訓ですね。

お次は、うすた~さんさんの佳作。温かくて、勇気づけられる一訓です。

キモチは留められない
つぶやくキミ
キミをみてる優しい視線
気づかない?
――――会社のホッチキス

新人さんが提案書か何かをまとめているのでしょうか。不安そうな新人さんを、先輩社員が温かく見守っている……そんな光景が目に浮かびました。独りでがんばっているように思えても、実は、陰で支えてくれている人がいる。気づかないだけで、実際そういうことって多いのだと思います。人間、たった独りでできることなんて限られていますから。それだけに、独りよがりにならず、つねに周囲への感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

最後は、yukkomomさんの訓。シンプルなのに、いや、シンプルだからこそ不思議と噛み締めたくなる、そんな作品です。

あなたの仕事が終わると
私の仕事も終わる。
   ――――ホチキス

一見、当たり前のこと淡々と語った訓。でも実は、行間から思いが滲み出す、深い訓。そんな気がして、じっくり噛み締めてみました。例えば、こんな感じ。

この「ホチキス」は、「あなた」の下で働いている。つまり、「あなた」の部下。上司が仕事をしている以上、「ホチキス」も仕事を切り上げることはできない。この訓を、こう書き換えてみると、「ホチキス」の気持ちが、より分かる!?

あなたの仕事が終わらないと
私の仕事も終わらない。
     ――――ホチキス

こう書くと、ちょっと嫌味に聞こえますね(笑)でも、もしかしたら、この「ホチキス」の本音は、こちらなのかもしれない……。

あるいは、こんな感じ。この「ホチキス」と「あなた」は、仕事のパートナーであり、チーム。お互いがそれぞれのプロとして共に働いている。だから、いつも一緒。一蓮托生。その絆をさりげなく語った訓……かもしれない。

yukkomomさん、勝手にいろいろ解釈してすみません。m(_ _)m でもこんな風に、ひとつの訓をいろんな視点で噛み締めてみるのも一興。yukkomomさん作「ホチキス」、味わい深い一訓でした。

さて、今回はこのあたりで失礼して、筆を置かせていただきます。作品をお寄せいただいた皆さん、ありがとうございました。またの投稿をお待ちしています。

(物々訓主宰/一筆)

※「自由部門」もありますので、ぜひそちらもご覧ください。