物々訓倶楽部

第38回 投稿作品【自由部門】

2018年11月10日

第38回募集(2018年8月15日~10月14日)に寄せられた「自由部門」の作品をご紹介します。ご投稿いただいた皆様、ありがとうございました!

手にした人
想像を超えるボク達に
引いてるね

この容姿にボク達は
誇りをもってるよ
―――― 丸角の将棋の駒

作者:お題:

1ヶ月と少しのお付き合いよね。
案外長いようで短かかったわ。
でも、お役に立ててうれしいわ。
じゃぁ。気をつけてね。
―――― ギブス

作者:お題:

あなたの毎日のおしゃれを
首元から
はじめようではありませんか。
―――― ネクタイ

作者:お題:

所説あるけど
クチナシの実の形
全て丸ごと
Meが支えるぜっ
なんてね♪
―――― 将棋盤の足

作者:お題:

一筆選評

前回に続き、今回の自由部門も残念ながら投稿少数。一筆選の該当作がありませんでした。

その中でも、うすた~さんさんの十八番、この将棋訓は印象的でした。

手にした人
想像を超えるボク達に
引いてるね

この容姿にボク達は
誇りをもってるよ
――――丸角の将棋の駒

あまりにも革新的だったり個性が強かったりすると、とかく拒絶反応が起こるもの。なかなか、すんなりと受け入れられないのが世の常でしょう。でも、自信と誇りと熱意をもって、ブレることなく信念を貫き続けていれば、きっと支持者は現れる。もしもし駒よ、駒さんよ、そう信じて、我が道をイケ~! この「丸角の将棋の駒」が実際どのようなものかは知らないのですが、思わず心の中でそんな(やや暑苦しい)エールを送ってしまいました(笑)

yukkomomさんの「ギブス」は、さりげなく味わい深い一訓。

1ヶ月と少しのお付き合いよね。
案外長いようで短かかったわ。
でも、お役に立ててうれしいわ。
じゃぁ。気をつけてね。
       ――――ギブス

患部にやさしく寄り添っているのに、当の患者からは、できるだけ早くお別れしたいと思われている……考えてみると、なんだかギブスってかわいそう。でもそんなこと、まるで気にかけていないような、サバサバしたソツのないお言葉。なんだか妙に感じ入りました。プロだなぁ。

(物々訓主宰/一筆)

※「課題部門」もありますので、ぜひそちらもご覧ください。