多趣多彩【第11回】

7人目の「訓人」誕生!

2017年7月18日

これまでに数々の名訓をお寄せいただいたヅキーさんを、2017年5月付けで「訓人」に認定いたしました。

訓人とは、物々訓プロジェクトが公認した作家に与えられる称号で、ヅキーさんが第七号となります。認定は、下記の内容を総合的に判断して行います。

  • 作品の量と出来栄え
  • 「一筆選」への選出数(一筆選=作品募集にお寄せいただいた訓の中から主宰・一筆が選ぶベスト訓)
  • 物々訓参加歴 など

ヅキーさんは、2015年7月(第19回募集)から作品投稿を開始。その後、訓人に認定された今年5月までに、課題部門で3回、自由部門で2回、一筆選に選出されました。ちなみに、先日公開の第30回 募集・自由部門でも一筆選を獲得しています。

ヅキーさんには訓人認定の証として、訓人認定証とオリジナル落款ゴム印(物々訓プロジェクトのアートディレクター・佐藤わたる氏がデザイン)を、ささやかながら贈りました。

【サイズダウン掲載】ヅキーさん訓人認定特集

今回、ヅキーさんからメッセージをいただきましたので、ご紹介します。

 

【ヅキーさんからのメッセージ】

訓人に選出していただき、とても嬉しいです。知人の紹介で投稿を始めたのですが、楽しくてすぐにはまってしまいました。

「物になりきって一言詠む」。とてもシンプルなのに意外な発見があり、平凡な日常が豊かに映る。その魅力に取りつかれ、投稿し続けています。

みなさんの訓を読んで、はたと膝を打つこともしばしば。運営される一筆さんに感謝するとともに、これからもみなさんと面白い訓を詠んでいきたいと思っています。

 

ヅキーさん、大変うれしいメッセージを、ありがとうございます。励みになります!

最後に、一筆が好きなヅキーさんの作品を、数ある中から一訓ご紹介します。

磨けば光る子だよ、あんたは。
―――― たわし

作者:お題:

実は、これは一筆選の作品ではなく、最近ウェブ公開作を読み直していて、「おっ、これは素敵だなぁ」と改めて思った再発見訓です。第24回募集・自由部門(2016年4月15日~6月14日)にお寄せいただいた作品で、その時は、ヅキーさんの別の快作を一筆選に選んだのですが、改めて拝読して、この訓、沁みるなぁと。シンプルでいて、温かいやさしさに満ちた一訓。巧い言い回しが、「たわし」のやさしさを引き立てています。時を置いて作品を読み返すのも、いいものですね。

ヅキーさん、いつも素敵な訓を、ありがとうございます。これからも物々訓を、よろしくお願いいたします!

物々訓主宰・一筆(物々訓プロジェクトを代表して)